banner

サポニンとは・・・

banner

高麗人参のもっとも代表的な栄養が「サポニン」です。

植物の殆どに含まれている天然の界面活性剤ですが、
高麗人参には特に豊富に種類も多く含まれていることから、「ジンセノシド」という別名でも呼ばれています。

このジンセノシドが美容やアンチエイジング、疾患や病気の予防・改善に役立つのです。

また、含有されている量が個体ごとに異なるという特徴もあります。
例えば、紅参という加工法がなされたものは含有量が多いと言われています。

さらに、種を植えた段階から徐々に含有量が増えていき、
栽培六年目に最大のピークを迎えることから、その頃に収穫したものがもっとも価値が高く「六年根」と呼ばれて重宝されます。

製品選びの際には、出来るだけ上記の条件を満たしたものを選びましょう。
薬効が最大限に引き出されており、効果も十分に感じることが出来る筈です。

サポニンの効果・効能

  • 血管を拡張することによって血の巡りを促進!
  • 自律神経を整えてストレスを鎮静!

もっとも注目したいのが、血流の促進効果です。
これによって、栄養素と酸素が体のすみずみにまで行き渡り、
疲労を回復するだけではなく、元気でイキイキしてきます。

さらに、冷え性や肩こりなどの改善にもつながりますし、
血圧を調整することも可能です。

自律神経を整える作用は、ストレスの鎮静ばかりか、
うつ病の予防と改善にも大きな役割を果たしてくれます。

更年期障害や自律神経失調症を解消することも出来るので、
心当たりがあれば、積極的に摂取していきたいですね。

アルカロイドとは・・・

banner

有機化合物の一種・アルカロイドは植物塩基とも呼ばれ、
高麗人参に含まれるものには薬理効果があるとされます。

アルカロイドは「アルカリに似たようなもの」という意味で、一般的にはコデイン、パパベリン、ナルコチンなどが代表的な例として挙げられます。

高麗人参アルカロイドには主に下記のような効果・効能があります。

もちろん毒性はありませんし、非常に安全な成分です。
最近の研究によれば、高麗人参に副作用がないという事の
大きな背景の一つとしても考えられているようです。

アルカロイドの効果・効能

  • 免疫力(自然治癒力)を向上させる働き

この作用はアルカロイドが免疫細胞機能を向上させることで発揮します。

主に大食細胞と呼ばれるマクロファージとリンホカインを分泌するBリンパ球の機能を高めるという働きがあります。

これによって自然治癒力がアップするわけですが、
具体的にはどんな効能が期待できるのでしょうか?

代表的なのが「ガンの予防と改善」です。
後天性免疫不全症候群、つまりエイズにも効果が期待されています。

その他にも肝臓の疾患などをはじめ、糖尿病の治療にも役立ちますし、
アトピーを改善する働きもあると考えられています。

その他の栄養分

  • 不足と過剰のバランスが難しいミネラル類
  • 日常生活で不足しがちになるビタミン類
  • 筋肉や細胞などの人間の身体を構成するアミノ酸

私達の食生活は徐々に欧米化しているという話を聞いた事はありますか?

これは紛れもない事実であり、結果として、
生活習慣病やガンなどの発生率が急増しています。

これはビタミンをはじめとする各栄養素の摂取バランスが
大きく崩れていることがポピュラーな原因として考えられいます。

この状態を改善する栄養素をバランス良く含んでいるのです。


これらの栄養素が4大効能を生む

漢方薬の王様と呼ばれる所以でもある「四大効能」。
その一つ目として挙げられるのは疲労回復です。

先述した血行を促進させる働きによって、細胞の新陳代謝を向上させて疲労を回復しやすい身体を作ることが出来ます。

また、生活習慣病に対する効能も注目です。
豊富に含まれているミネラルやビタミンなど不足しがちな栄養素をしっかりと補うことが出来るうえに、 サポニンがコレステロール値を抑えてくれるので根本から予防と改善を行う事ができます。

第三に挙げられるのが血行促進の効果です。
これによって毒素を排出してくれます。

第四には更年期障害の改善作用が挙げられます。
これは、つまり自律神経を整える機能です。

ストレスを解消して毎日の生活をスッキリと送ることができます。

Copyright(c) 2013 Asian ginseng LABO. All Rights Reserved.