banner

高麗人参と健康食品

近年の健康ブームは「食の欧米化」が大きな背景になっています。
これは、すなわち肉や卵などの動物性の食物を摂取する傾向が強くなったことを指していて、戦後当時と比較すると約10倍もの差があるそうです。

その結果として、日本人の本来あるべきバランスから著しくかけ離れた栄養の偏りが生まれてしまい、 癌や生活習慣病などの病気の発生率が圧倒的に上がってしまっているのです。

生活習慣病は、読んで字のごとく、生活のリズムが偏ることによって引き起こされます。 喫煙や過度の飲酒をはじめ、睡眠不足やストレスの蓄積が大きな原因として問題視されています。

しかし、そんな中でも特に問題視されているのが上記の「食事」なのです。

食事から摂取する栄養素が変わり、深刻な野菜不足になっています。

そこで健康食品が一躍、脚光を浴びるようになったのです。
代表的な例でいえば「高麗人参」が挙げられます。
高麗人参は特殊成分であるサポニンを豊富に含んでおり、
血液の流れを一気に促進させます。

また、欧米的な食事をとっていると増加してしまう傾向にあるコレステロール値や中性脂肪値などの血中の脂肪分を抑え込む作用もあります。

そのため、生活習慣病・癌の予防と改善に大きな働きを果たすといわれ、
多くの人が、その効能を求めて高麗人参を摂取しているのです。

しかし、もちろん健康食品は高麗人参だけではありません。
例えば、青汁やローヤルゼリーなども優秀な健康食品で人気を集めています。

青汁は生野菜を絞ったジュースのようなもので、
「まずい!もう一杯!」のコマーシャルでも有名ですね。
近年では、苦味やクセがない青汁も沢山登場しているということもあり、
多くの人が利用しているという状況です。

では、この青汁と高麗人参は同時に摂取してもいいのでしょうか?
どうせなら、どちらかを選ぶのではなく、優秀なものを一緒にとってしまいたい・・・というのは、誰もが思いつくと思います。

結論から言えば、「同時に摂取するべき」だと言えるでしょう。
お互いに作用や機能を邪魔することはないですし、
医薬品ではないので基本的には「同時摂取」がNGとなることはありません。

これは、ローヤルゼリーにも同じことが言えるでしょう。
ちなみにローヤルゼリーとは、ミツバチが作り出す乳白色のクリームで、
<女王蜂の食事>といえばわかりやすいでしょう。

一般の働き蜂は決して食べることができないのですが、
作り出しているのはミツバチです。

花粉を含む様々な自然界の物質を原材料としていて、
それゆえに栄養価は非常に高く、それを食べることで女王蜂は強くなります。

女王蜂は普通の蜂よりも身体も寿命も数倍長いのですが、
生まれは普通の働き蜂と何も変わりません。

いわば、ローヤルゼリーを食べることによって、
女王蜂の資質が生まれるというイメージです。

繰り返しになりますが、このローヤルゼリーも、
もちろん高麗人参と同時摂取しても問題ありません。

しかし、一点だけ注意しておかなくてはいけない点があります。
それは「必ず継続して摂取する」ということです。
同時摂取しても良いのは「食品だから」という理由がもっとも大きいですが、
食品だからこそ、一回の摂取では効果はほとんどありません。

比較的長いスパンで考えてこそ、効き目が表れてきます。
つまり、継続的な摂取が必要なのです。

色々なものに手を出してしまって、
継続的な摂取が出来なくなっては元も子もありません。
その点にだけ注意しておきましょう。

Copyright(c) 2013 Asian ginseng LABO. All Rights Reserved.